星占い事典|射手座の運勢、恋愛運、対人運、仕事運、金運、相性、性格 etc.

射手座の金銭感覚

お金への執着なし

射手座といえどもお金が好きですしお金持ちになることを夢見ていたりしますが、かといってお金への執着があるかといえばそうでもありません。

 

お金が欲しいのは、貯め込むためではなく「自分らしく生きる」ためです。

 

ショッピングをすることは好きだとしても、物質を所有することにはあまり興味がないのです。

 

お気に入りのモノを手に入れて、それを持ち続けることやただ眺めているだけで幸せという射手座は少ないでしょう。

 

モノを購入したならそれを使って自分らしさを表現したり、さまざまな体験をするなど、お金はあくまでも人生を豊かにしてくれるツールだと考えています。




世界を巡って自分に戻る

物質として手元に残ることのない「体験」にお金を使う射手座は、目に見えないものにお金が消えていくことにあまり抵抗はありません。

 

モノではないけれど記憶や思い出として頭の中に鮮やかに残ってくれればそれでよいのです。

 

自分のお金が減ったとしてもそれは世界を巡ってまた自分に戻っていると感じているところがありますから、「お金は世の中に回したほうがいい」なんて思っているかもしれません。

 

「ただお金を貯め込んでもしょうがないから、使って生きたお金にしたほうがよい」と思うのです。

 

そのため射手座がお金を使うときにはなんともあっけらかんと大枚をはたいてしまうこともありえます。




財産は残したくない

物質ではなく体験や思想を大切にする射手座は、家族や子供にもそのことを伝えたいのか財産を残すことには固執しません。

 

自分だけ贅沢三昧をして人に分け与えたくないということではなく、財産を引き継がせるという感覚になんとなく抵抗を感じるのです。

 

そのため、今ある資産や最低限のお金は残すとしても大きく増やすことにはあまり興味がないでしょう。

 

この世を去るときにはなにも持たずに自由に旅立ちたいという気持ちがベースにあるからかもしれません 。

 

射手座の場合、お金やモノに対する執着がないだけでなく、それを所有してほくそえむのは美学に反する気がしてしまうのです。




PAGETOP
Copyright © 射手座の運勢 ~ Sagittarius ~ All Rights Reserved.