星占い事典|射手座の運勢、恋愛運、対人運、仕事運、金運、相性、性格 etc.

射手座の嫌いなもの

伝統に縛られる

歴史が好きな射手座は多いものの、伝統に縛られることだけは避けたいと感じています。

 

一般家庭であれば自由に生活できるかもしれませんが、もし家業として伝統や文化を守らなければならないような家に生まれると反発したくなるかもしれません。

 

伝統というのは「守る」ことが何よりも重視されますが、射手座は「飛び出す」ほうですから「伝統を守る」のは最も苦手なことのひとつなのです。

 

一般家庭に生まれたとしても、地域的な風習や文化などを強要されたり、当然のこととして押し付けられることを嫌がります。

 

生まれ育った場所に留まるということ自体が射手座には少し違和感があることですから、周囲の人から自分の行動を狭められたくないのです。




個性のない人やモノ

洗練された感性をもつ射手座ですが、人工的すぎたり無機質すぎるものはあまり感覚に合いません。

 

たとえば工場で大量生産されたようなもの、平均化されすぎて個性のないものなどを嫌うようなところがあります。

 

あえて主張をする必要はないものの、個性が生きているものでなければ射手座はその価値を認めません。

 

これは人に対しても言えることで、自分の意見を持たずに周囲に合わせてばかりいるような人のこともどことなくロボットのように感じてしまうでしょう。

 

人間は生き生きとした躍動感があってこそ素晴らしいのであって個性を失ってしまったものは一種の仮死状態のように感じてしまうのかもしれません。

 

「それぞれが違うからおもしろいのに・・・」と射手座は心の中で感じているのです。




PAGETOP
Copyright © 射手座の運勢 ~ Sagittarius ~ All Rights Reserved.