星占い事典|射手座の運勢、恋愛運、対人運、仕事運、金運、相性、性格 etc.

射手座が苦手な人間関係

感情的なだけのつながり

世の中には好きか嫌いかという気持ちがなにより大切だと考える人がいますが、射手座は感情だけでつながっているような関係は好みません。

 

学ぶものがあるとか、話をしていて楽しいとか、刺激し合えるなど、プラスになるものが欲しいのです。

 

そのため相手がどんなに良い人で自分を好きでいてくれたとしても、それだけではつまらないと感じてしまうかもしれません。

 

もし話があまり弾まなくても相手の個性を感じることができたならとりあえずOKですが、無個性な上にn自分の意見を持っていないような人だといくら良い人でも退屈してしまうでしょう。

 

人間関係にプラスアルファを求める射手座は、好きか嫌いかという感情的なつながりだけではなくもっと別のものを求めているのです。




愚痴や噂話ばかり

射手座はいわゆるガールズトークに見られるような気持ちを共感し合うことがメインの会話が苦手です。

 

とりあえず和を乱さない程度に合わせることはできたとしても、そこに特別な楽しさを感じることは少ないでしょう。

 

その内容が楽しいものであれば良いのですが、愚痴などのネガティブな話になるとその場から立ち去りたくなってしまいます。

 

愚痴などは言うだけムダだと感じていますし、そういう会話を好む人達と一緒にいたいとも思えません。

 

小さな世界の愚痴や噂話というのは射手座に閉塞感を感じさせるものなので、聞いているだけで嫌な気持ちになるのです。

 

心の中では「広い世界にはもっとさまざまな価値観があるのになぁ…」と感じていることでしょう。




重すぎる愛情

どんなに仲が良い友達がいても、射手座はベタベタした関係になることを好みません。

 

感情的に巻き込まれたり密着しすぎることは射手座にとって決して心地よいことではないのです。

 

明るく前向きな射手座は人に好かれやすく友達になりたいと思っている人も多そうですが、精神的に依存してくるような人だけは勘弁してほしいと感じています。

 

また、友達であれ恋人であれ、お互いの関係を深刻に考えすぎる人のことは負担に感じてしまうでしょう。

 

自分を好きでいてくれたとしても、あまりに気持ちが重かったりしつこすぎると遠くへ逃げたくなるかもしれません。

 

執着というのは射手座が最も苦手なことひとつなのです。




PAGETOP
Copyright © 射手座の運勢 ~ Sagittarius ~ All Rights Reserved.