星占い事典|射手座の運勢、恋愛運、対人運、仕事運、金運、相性、性格 etc.

射手座が活躍できる環境

規則に縛られない

ボーダーレスな感覚を持つ射手座ですから、仕事をする上での枠組みがないほうが自分らしく活動することができると感じます。

 

規則やルールに縛られてばかりではうんざりしてしまいますし、仕事を楽しむ前に精神的なストレスばかりたまってしまうでしょう。

 

とりあえず働くことはできたとしても、射手座の能力を活かしきるというところまでは至りません。

 

世の中には「自由にやっていいよ」といわれると戸惑ってしまう人もいるものですが、射手座の場合は嬉々として自分のやるべきことを探そうとするでしょう。

 

規則に縛られているとそれを破ろうとしますが、なにも縛りがなくなると「自分を律してきちんとやらなければ」と思うのが射手座なのです。




自主性を重んじてくれる

最低限の決まりごとがあるだけで、あとは自主性に任せてくれるような職場だと射手座は仕事がしやすいと感じるでしょう。

 

人に指示されるのではなく自分で流れを作り、それに従って動いたほうが能力を発揮しやすいのです。

 

自由奔放に見えても仕事を任されたときの責任感やプランニングはしっかりしていて、普段の様子と違うことに驚かれるかもしれません。

 

できることなら会社勤めよりもフリーランスで働くほうが、のびのびと仕事を楽しむことができるでしょう。

 

もしサラリーマンになったなら、ある程度の自由がきく職場のほうが向いています。




常に新しさを求めている

保守的で考え方が古い組織に属していると、射手座はその伸びやかな才能を活かすことができません。

 

ビジネスの新規開拓や企画開発、調査・研究など新しいものを求めているような環境でこそ、その能力を活かすことができるのです。

 

基本的にはオフィスの中だけにいるのではなく外にも出かける仕事が向いています。

 

また外資系の会社なども合っていて、外国と関係のある仕事などには興味をそそられるかもしれません。

 

フリーランスで仕事をする場合は、ずっと部屋の中で仕事をするよりも、人に会ったり外へ出かけていくほうが良さそうです。

 

勇気や冒険心がなくてはできないフリーのカメラマンなどは射手座のイメージに合っています。




PAGETOP
Copyright © 射手座の運勢 ~ Sagittarius ~ All Rights Reserved.