星占い事典|射手座の運勢、恋愛運、対人運、仕事運、金運、相性、性格 etc.

射手座が仕事でつまづくとき

楽観的になりすぎた

計画を立てて実行し成果をあげる、というのは仕事をする上で最も基本的な流れですが、計画の段階で失敗していると先々まで影響してきます。

 

射手座の場合は、楽観的な性格が裏目にでてしまい、計画の見通しが甘すぎることがありえます。

 

「どうにかなるさ」 「あまり細かく決めなくてもOK」と考えて、ギリギリになっても結局間に合わないということもありえます。

 

準備不足のために完成度が極端に低いこともあるでしょう。

 

射手座の場合、計画を立ててそれを自分が実行する分にはよいのですが、組織の中の責任者として計画や管理を行う場合は要注意です。

 

たった1回の失敗で取り返しのつかない事態になることもありえます。




地味な努力が求められる

とくに専門的なスキルを持たない場合、一般的には会社や上司からの命令で働かなくてはなりません。

 

起業したり、運よく自分が望む仕事をもらえればよいのですが、実際は地味な努力が求められることのほうが多いでしょう。

 

そんなときの射手座は一時的には我慢できたとしても、長期に及ぶとなると早い段階で会社を辞める日を夢見るかもしれません。

 

もし射手座特有の哲学的な考えに陥り、「働く意味ってなんだろう・・・」なんて考えてしまうと、働くこと自体に疑問を感じてしまうでしょう。

 

一度考え始めるとその気持ちはどんどん膨らんでいくので、もう会社勤めには戻りたくないと思うかもしれません。

 

射手座の場合、この「素朴な疑問」によって人生を考え始め、そこで大きくつまずいてしまうことがありえます。

 

しかし、長い目で見るとじつはそれが転機だったということもあるかもしれません。




PAGETOP
Copyright © 射手座の運勢 ~ Sagittarius ~ All Rights Reserved.